スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グランドキャニオン』

GK1
     ↑写真①(YAPAVAI POINT=ヤパパイ・ポイントより望む)
セドナを早朝5時前に出発して、途中撮影やら朝食やらで、グランドキャニオンに到着したのが朝9時前だった。公園のエントランスで入園料を払い、そしてしばらくゆっくりとした針葉樹の中を走っていくと突然、目の前にパックリ開いた大地の「裂け目」が眼に飛び込んでくる。これには感動を通り越して「驚愕!」の世界だった。
 セドナからは車で休憩ナシの場合約3時間で着ける。冬のグランドキャニオンは気温がマイナス5°~10°で、とにかく寒かったが空気の透明感がその景観を素晴らしいものにしてくれていた。



グランドキャニオンは言わば「大地のえぐられた渓谷」だ。
谷の向こう側をNoth Rim(北壁)、そして観光のポイントとなるこちら側がSouth Rim(南壁)だ。標高は2300メートルでNoth Rimの方が高い。深さは1600メートルもあるので、上と谷底の気温差が20°近くもあるのには驚きだ。
 公園内には数軒のロッジやクリニック、土産物、ギャラリーなどが点在している(※一番下の地図の黄色で囲んだ場所)ポイント(展望台?)はいくつかあり、そのうち有名なポイントが上の写真①のYAPAVAI POINT(ヤパパイ)、そして下の写真②のMATHER POINT(マーサーポイント)だ。どちらも息をのむ景色が堪能出来る場所だ。  ↓※突き出た岩の上に展望台がある「MATHER POINT(マーサーポイント)」。
GK2
この突き出た岩の上から見下ろす谷底は、高所恐怖症の人なら足がすくむくらいの高さである。氷が岩に張り付いていて、足元がよく滑るので、少々怖かったが、両側は絶壁で遙か下に谷底が見える、目線をまっすぐに戻せば遙か向こうの北壁が見え、壮大なパノラマが240°広がる「感動」がそこにはあった。
GK3

 それぞれのポイントには展望台や見晴台があるが、その間にも車を止めては見て、また走って止めては見ての連続で、飽きる事がない。景観もさることながら、陽の光の「陰影」でその荘厳さは数倍にもなるため、早朝か夕方がお勧めだ。日中はこの陰影があまり出ないので季節によって違うが、時間帯を選んで行きたいものだ。
 フラッグスタッフなどからはこの早朝や夕方に到着するようなツアーが圧倒的に多く、その時間帯には大勢の人で賑わう。
    ※↓グランドキャニオンのMAP。クリックで拡大します。
      GKmap
※MAPはAAAのここからPDFでゲットできます。→「Grand Canyon Map

★後記:ネイティブアメリカン・フルート「NAKAI」について
      nakai
「Grand Canyon Viilage」というショップやレストランの場所にギャラリーがあり、そこではネイティブ・アメリカンのハンドメイドやCDなどがあり、そこで見つけたのが「NAKAI」というネイティブのミュージシャン(縦笛奏者でこの縦笛をフルートと言う)のCDだ。旅中、車の中でかけていたが、日本人の琴線にも触れる感じの演奏である。
 やはり遠い祖先がアジアから来たと言われるネイティブ・アメリカン。「NAKAI(=ナカイ)」という名前もそれを彷彿とさせるものがある。
  ※ここからそのサンプルがreal audioで聴けます→「NAKAI

参加してます。ヨロシク!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶






 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ピータンさん、はじめまして!
アメリカってホント「奥が深い」国ですよ。
日本で知られているアメリカって極々一部で、魅力的な場所が沢山あります。特に大自然は他では味わえないものです。
 これを機会に「好き」になって下さい。

凄い景色

はじめまして。
うーん。
米国はあんまり好きじゃないのですが、こういう景色観ていると、やっぱり行ってみたくなります。素晴らしいですね。
最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。