スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ:「スワンナプーム空港(バンコク新空港)」検証②

airport3
今回は出発での感じた事を・・・。
※↑は出国審査を出てすぐのロビーにある「巨大な綱引き?」
多分左側の黒い軍団が「悪」で右の白い「軍団」が「正義」ではないかと思う(小乗仏教から推察する)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

まず、出国税が500THBと以前と変わらないが(700THBになる予定)、審査場に入る前のドムアンのような自動販売機はなく、カウンターでの購入だった。
到着の時には気にならなかったが、この空港まさに「ガラス」と「テント?」で出来ている近未来型SF空港」
だった。
airport7


それと驚いた事に免税店や土産ものがある通路のど真ん中に
Seafood Barがあるではないか!
船をイメージした「Reef]というその店はカウンターが取り囲み
真ん中にナント氷の上に新鮮な魚介類が並べてあった!どこで調理するのだろう?今度は「グリル・ロブスター」なんぞ頼んでみようか。
airport5
↓氷の上の新鮮な?魚介類。カウンターバーではカクテルを飲んでいる人もいた。その後ろでは免税店で品定めする人・・・妙なシチュエーションである。多分世界でもこの空港だけではないだろうか!
airport4

↓タイ航空のチェックインカウンター付近
airport2
■考察:この空港を利用したのは初めてだが、確かにガラスで覆われた外観やデザイン性の高さは素晴らしいと思う。しかし明らかに少ないトイレ、表示板、イス、ソファーの数、これらは「利便性」という点ではどうだろうか?現地の新聞や報道によると開港して雨漏りがしたなどの不備も聞くが、空港は基本的に「出発」「到着」をスムーズにかつ快適に行う公共施設であり、利用者の立場にたったものでなければいけないはず。まだまだ改良点は多く見られるのは「ドムアンの方が便利だった」という意見に集約されていると思う。
現在は、高齢者や小さな子ども連れに配慮していると言えない現状だ。
 今後どんどん改良されていけば間違いなく「アジアのハブ空港」としての地位を確立出来る可能性を持っている空港だからおしい気もする。



「旅行ブログ」参加してます。
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

コメントの投稿

非公開コメント

新空港

とても立派な空港です。
しかし、タイ=ドムアン=あのむせかえるような熱気、というのが長年染みついているもんで、この近代的な空港は「アジア」を感じる事が少ないのが残念です。
 シンガポールのチャギ空港や関空もそうですが、なんか
近代的=無機質って感じが否めません。
 サムイ島の空港のように、空港のターミナルの屋根が椰子の木の葉で覆われている、そんな雰囲気がすきです。
 
 私は「空港」ってその国・街の「顔」だと思っているので、その空港に降り立った瞬間がワクワクして大好きです。
 アメリカの空港も街によって様々工夫を凝らしています。
 空港フェチ?かなとおもうぐらい好きですね(笑)

空港は暑かった

新空港は暑かった。
ガラスと照明にびっくりしましたが、暑かった。
展望階の下のカフェのソファーは心地よかったですが。

空港内で踊りや演奏があったりして、
頑張っていることは感じましたが。

KeiKeiさんが書いているように
通路の真ん中にカウンターがあって
お酒飲んでいる人がいましたが、
ありゃ落ち着きませんね。
イスも長居できないようなこじゃれたイスでしたし。

でもタイも頑張ってるなあとは感じましたけど。
最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。