スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ:陶磁器「セラドン焼き」

seradon1

タイには2大陶磁器「セラドン焼き」「ペンジャロン焼き」の二つがある。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

セラドン焼きは訪タイする度になにかしら購入するほど好きで、自宅にはカップセットや皿、器が年々増えてきているくらいだ。
 もともとはタイ北部あのテレサテンの最期の地・チェンマイの焼きものらしく
緑の土から出来ているので、独特のエメラルドグリーンをしている。そして一番の特徴が表面の「ヒビ」。上薬の光沢とあいまって独特の渋い輝きを放っている。
 このセラドン、使えば使うほど緑の色が沈み、ますます渋くなる。
それになんと言ってもこの色がタイ料理を一層引き立てるのだ。
seradon2※ウィークエンドマーケット内でのセラドン焼きの店で


もう一つの「ペンジャロン焼き」はセラドン焼きとは対極にある陶磁器である。
王室御用達で、絵付けも全て手作りで見るからに「豪華」「絢爛」という言葉がピッタリの焼き物である。
 バンコク市内でも「宮廷料理」が食べられる高級レストランなどでは食器に使用されている。必ず「金」が使われており、緑・赤などの極彩色である。
 しかし、例えばトムヤムクンなどのスープ料理やカレーなどには、あまり合わないと感じるのは自分だけであろうか・・・。
penjyaron<ペンジャロン焼き>

この二つの大きな違いはセラドンが生活に密着した「食器」中心なのに対し、
ペンジャロンは食器もあるが、置物などの「工芸品」としての位置づ付けもある事だ。
 どちらが好みかは個人の「嗜好」の問題である。

※最近では青いセラドンも人気がある事も付け加えておく。



「旅行ブログ」参加してます。
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶


コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。