スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シェラトン・ガンターホテル』vol.2


シェラトンガンターホテル」は歴史的地区にあり、外観は1世紀も以前に建てられた建造物の風格が漂うが、部屋はリノベーションされており、快適である。しかし、元々は古い建物を改造しているので、随所で「不具合」も起きる。
 ルームキーは最新式の「カードキー」だが、思い重厚な木のドアのノブ部分だけを改造してあるので、最初は何度してもカードを読み取らすに空かなかったりいした。

無題_014
廊下は狭くて、なんとなく薄暗い。深夜帰って来たときは何となく不気味な感じだった。エレベーターの数も少なく泊まっていた部屋が遠く離れていたため、小走りで帰る事もしばしば・・・。

room1_20080216191604.jpg
客室には備え付けのコーヒーメーカーがあり
3杯分のドリップコーヒーがあった。なかなか旨いコーヒーであった。
到着後、荷物をおいて一息する時にはありがたいものだ。

cafe.jpg
今回はSPG(シェラトンプリファード・プログラム)のおかげでクラブフロアーにUG(アップグレード)出来た。
ここはそのクラブフロアーの滞在者が利用出来る「クラブラウンジ」
朝食を利用したが、クロワッサンなどの暖かいパンが数種類とシリアル、フルーツ、コーヒーなどの飲み物を自由に取ることが出来るCBF(Continenral BreakFast)だ。
 飲み物だけはラウンジのスタッフがオーダーに聞きにきてくれる。

712438.jpg
1階の通りに面したレストラン「Barron’s」はレストランとBarコーナー「 McLeod’s 」があり、レストランは利用してないが、スタッフも陽気でフレンドリーで、お客さんの何人かもカーボーイハットを被っていた。
 通りを挟んですぐ近くに有名な「マジェスティック・シアター」があり、オペラやコンサートなどの日は地元のお客さんで賑わうようだ。

夜にこのバーカウンターで飲んでいたら、隣に座った夫婦が「チャイニーズか?」と聞いてきたので「ジャパニース」だと答えると、婦人の方が「おお!日本人初めて見た」と感動していた・・・。やはりテキサスはアメリカでも田舎だ。
 しかし、ここサンアントニオは日本と縁があることに・・・後で知ることになる。


参加してます。ポチッっとヨロシク!
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶





テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。