スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク:サービスアパート『Fraser Place Langsuan』.etc

fre_lang20001.jpg  fre_lang20004.jpg
フレザープレース・ランスアン」のあるランスアン通りは通りは南へ向けての一方通行であり、その両側には木々が生い茂っており、バンコクのど真ん中とは思えない雰囲気だ。 まさに「バンコクの青山通り」だ。
 建物そのものは通りから少し奥に入っており、この赤い看板を見逃すとタクシーやトゥクトゥクは通り過ぎてしまう。一方通行のため一度通り過ぎるとUターンが出来ないため、大回りして帰る事になる。

※写真は看板とフロントのチャックインデスク。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:サービスアパート『Fraser Place Langsuan』プール

CIMG4912.jpg
「フレザープレイス ランスアン」は36階建の高層SA(サービスアパート)だ。
屋上にはヘリポートもあり、近くで見上げるとさすがに高い。
その33階のちょうど切り取られたようなポッカリ開いたとこがプールである。
プールそのものは15mk×8m位の長方形が階段状に2つある。
下のプールは子ども用である。

fraserplace_20090516144053.jpg
外観から見ればこのようにプール部分がポッカリと開いている。
見晴らしも良く、高所恐怖症の人はちょっと苦手かもしれないが、一見の価値はある。

この33階には他にもスパやサウナなどもあり、滞在中は毎日この階の来ていた。




続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:サービスアパート『Fraser Place Langsuan』部屋2

CIMG4887.jpg
ベッドルームはリビングの隣で、クローゼット、プラズマTVがありコンパクトである。
広さだけならセンターポイントシーロムの1bed roomの方が断然広い。
しかしキングサイズのベッドは程よい堅さで、枕も質が良い。
 リビングにある「お香セット」をベッド脇のスタンドテーブルで焚けば、いい香りで心地よい眠りにつける。   この「お香セット」はセンターポイントにはないサービスであり、◎である。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:サービスアパート『Fraser Place Langsuan』部屋

fre_lang20053.jpg
今回もステイ先はSA(サービスアパート)を利用した。
利用したのは『フレザープレイス・ランスアン』だ。 世界中にレジテンス型ホテルを展開しているFrasers Hospitalityで、カテゴリーに「フレザースィート」「フレザープレイス」「フレザーレジテンス」「フレザーリゾート」に別れている。  バンコクにはサトーン地区に「フレザースィート」があるがランスアンよりこちらの方がワンランク上である。

場所はバンコクの中心地ランスアン通りにあり、BTSはチッドロム、ラチャムダリどちらでも徒歩10分くらいである。周辺にはお洒落なイタリアンレストランやライブハウスなど「バンコクの青山通り」と言われるくらい雰囲気が良いのがランスアン通りである。

ちなみに、日本では新宿に「フレザープレイス・東京」があり、13000円/泊位から利用できるので、お勧めである。   今までの定宿「センターポイント」と比べてどうなのかも含めて、楽しみな滞在である。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

『バーン・カニタ』Vol.2~ランチ~

CIMG4875.jpg
 そしてお待ちかね、『バーン・カニタ』のプーパッポンカリー(蟹カレー炒め)だ!
タイへ来ると必ず食べる料理で、蟹を卵とカレーで炒めたものだが、濃厚な蟹の味とカレーやココナッツミルク、そして香料が織りなすタイを代表する料理である。
 この店のプーパッポンカリーはあの名店「ソンブーン」(後日食べた)のと違い、やはりかなりマイルドだ。しかし、蟹の質は断然こちらの方が高い! 身のつまり方やジューシーさは比べものにはならなかった。「バーン・カニタ」は外国人が多くやはり味はマイルドにしてあるが、それでもしっかりとした味で、蟹の身がホロリっと取れてボリュームがあった。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

『バーン・カニタ』~ランチ~

CIMG4880.jpg
「エレファントビレッジ」からバンコク市内へは約1時間。予定ではホテルへチェックイン前にランチを取る事にしてたので、車中でガイドさんに何軒か候補を言いその中で「バーン・カニタ」がお勧めって事だったので、携帯でその場で予約を入れてもらい、ちょうど12時過ぎに到着した。

CIMG4866.jpg
場所はバンコクの中心地で中でも高層ビルが立ち並ぶオフィス街シーロムに近いサトーン通りに面している。目の前は青い総ガラス張りのビルの三菱UFJ銀行だ。
「こんなところに本当に1軒屋レストランがあるのか?」と思ってしまったが、逆にビルの立間で通りからは緑の木々に囲まれた「バーン・カニタ」が良く分った。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:「エレファントヴィレッジ」象乗り体験

CIMG4864.jpg
 ↑ここがチケット売り場&レストハウス

 「ダムヌンサドゥワク水上マーケット」から車で数分のところにあるのが、この「エレファント・ビレッジ」だ。
アユタヤなどにもある「象乗り」体験ができる施設だが、ここはあまり知られていないというか何度もここを訪れた事はあるが、日本人観光客を見かけた事はない。
 水上マーケットとセットでツアーが組めるのに不思議だ。 もしかして旅行会社との契約などの関係なんだろうか・・?

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

「ダムヌン・サドゥアック」水上マーケット

CIMG4847.jpg
 「ダムヌンサドゥワク水上マーケット」。 ここを訪れたのは何度目だろう。
両手で余るほどほど来ているかもしれないが、タイが初めての人と一緒の時は必ず訪れる事にしている。
やはりタイを代表する風景がここにある。誰もが「タイに来た!」と感じてくれるベタだけどオススメの観光地である。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:「ココナッツファーム」

CIMG4837.jpg
 途中「塩田」を見学してからダムナンサドゥワク水上マーケットへ。
しかし、まだ朝6時半。今行ってもマーケットの店は開いてない可能性があるので、また寄り道へ。
ツアーなどで良く立ち寄るココナッツファームへ。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:郊外の「塩田」 その2

CIMG4828_20090509175348.jpg
 道沿いに広がる塩田風景。
その塩田には大抵「直販」する簡素な店?がそこかしこにある。
塩田農家が直接売っているのである。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク:郊外の「塩田」

CIMG4833.jpg
早朝04:00にスワンナプームに30分早く到着した。  チャーターしていたワゴンに乗り込み一路ダムナンサドゥワク水上マーケットへ。
バンコク市内から約1時間も走れば周りの風景も一変して、こうした塩田風景に変わる。
 バンコク南部はタイ湾にも近く、地形的にも平坦なので海水を引き込み、こうした塩田が遙か彼方まで続く風景が車窓に広がる。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク09’出発

CIMG4812_20090509175304.jpg

2009年3月下旬に運休していたTG673便が復活となり、以前より1時間早まり関空発0:30発機上の人となった。 乗ってすぐのドリンクサービスはいつもこの「ジントニック」で、「Lots of ice!」とCAにリクエストするのもいつもの事だ。 米系や最近流行のローコストエアラインではこのドリンクサービスも有料サービスとなった昨今、TGはまだ無料なのがありがたい。

 

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

タイ・バンコク

タイ・バンコクのブログを更新中です。
しばらくお待ち下さい・・・

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。