スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク 「ウィークエンドマーケット」


数年ぶりに「ウィークエンドマーケット」(タイ語で「チャトチャクマーケット」)に行った。
厳密に言えばウイークエンドと言っても金曜日にだ。というのもバンコクに到着にしたのが早朝でホテルにチェックインしてからする事がなかったからだ。
通常は土日に開催されるマーケットで約1万軒ほどのいわゆる「1坪店舗」がひしめき合う。
ここではTシャツなどの最新ファッションはもちろん、陶磁器や工芸品、アクセサリー骨董品、そして動物など何でも売られてしかも価格も安いので、週末ともなればバンコクっ子のデートコースでもある。
しかし、行った日が金曜日と気がついたのが・・・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク ランスワン通り ハイソな通り


「ランスワン」通りっていえば「バンコクの青山通り」ってガイドブック等で書いてあるくらい、ハイソで有名な通り。隣のワイヤレス通りと共にこのランスワン通りは市内の他の地域とは一線を画す。
 本格イタリヤ料理や日本料理、中華料理、バーなどグルメな店も多く、屋台などもあまり見かけない。
街路樹の緑も鮮やかでバンコク市内とは思えない雰囲気である。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク ワイヤレス通り(ウィッタユ通り)


スクンビットが線路を境にプルンチット通と名前を変えてすぐに左側にあるのが「ワイヤレス通り」だ。
これは通称で正式には「ウィッタユー通」と言う。これはタイ語で「ラジオ」の事らしい。ワイヤレス=ラジオ、つまり無線の事なんだろうか?
このワイヤレス通と隣のランスワン通はバンコク市内でも一、二を争うハイソな地域で、各国の大使館もこの通りに集中している。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク 道としての「スクンビット通り」


スクンビット通りは実は途中で名前を変えている。
日本とは違い同じ1本の道でもその造られた背景や時代によって途中から名前が変わるのだ。
この現在は使われていない線路はスクンビット通りを横断してるのだが、ここを境にしてスクンビット通りという名前は終わるのだ。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク スクンビットsoi4 その2


※↑写真は夜の一大歓楽街「ナナプラザ」からスクンビット方面を見たところ。

soi4(通称:ナナ)のソイの中はどうなっているのか・・。
そのソイは行き止まりではなく、南へそのまま行けばバンコクの大動脈の一つの「ラマ4世通り」へつながっている。スクンビットからソイへ入り途中まで歩いた。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

バンコク スクンビットsoi4・・つまり「ナナ」!


ナナ」と言えばバンコク好きの人ならダレデモ分るバンコクを代表する夜の歓楽街だ。
ナナはsoi4の事だが、一般的には「ナナ」の方が通用する。このナナの中心で有名なのが「ナナエンターテイメント」=通称「ナナプラザ」。昼間の風景は↑こんな感じで殺風景だが、夜ともなれば妖艶なネオンの光りと嬉声に包まれ辺り一帯は異様な興奮状態=トランス状態と化す。
それが「ナナ」だ。

続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。