スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「River Walk」~リバーウォークVol.2

riverwalk2_20080216192316.jpg

「リバーボート」は発着場が決まっており大人$7で利用出来る。写真のような弁当箱のフタのようなボートに乗り、運河を巡るツアーだ。
 十数分おきにこのツアーは催行されており、シーズン期は人気なので並んで乗る事になる。
しかし、サンアントニオへ来て「アラモ」とこの「リバーボート」に乗らないのはもったいない事だ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

「River Walk」~リバーウォークVol.1

SAntone_20080216192402.jpg
サンアントニオの観光の中心「River Walk」の昼間は夜とは叉違った雰囲気だ。
水路は全長で約4㎞ありここを「ボートツアー」で巡るのが一番の「目玉」であうr。
その周辺には緑が沢山あり、様々な鳥のさえずりも聞こえてとても気持ちの良いクルーズだ。。
 元々水害の被害防止のためと、新たな人工都市計画のために作られたものだが当時は全然人気がなく、水路周辺には廃屋があった時代がしばらく続いたようだ。
今ではその面影は見られないが・・・。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

『サンアントニオの夜』Vol.3

無題_025
クラブを深夜1時過ぎに出てホテルへ帰る途中。周辺はデパートやホテル、オフィスなどが建ち並ぶサンアントニオのダウンタウンだが、夜ともなれば人どころか車も走っていない。
しかし不思議と緊張感がなかった。これがNYやロスなどならゾッとするが、街にゴミもなく、薄汚れた建物もない。治安が良いので、深夜こうしてホロ酔い気分で街を歩けるのだ。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

『サンアントニオの夜(Night Life)』Vol.2

無題_018
この日は移動ばかりで食べたのはデンバーなどの空港内のデリカのピザくらいなものだったので、リバーウォークで食事をするつもりで、機内誌を持ってホテルを出た。
掲載されていた数軒の店は、いずれもリバーウォークの水路沿いのオープンテラスがある高級感のある店で、カップルやグループ連れが多く、自分には「敷居」が高いように感じた。
 そこで目に付いたのが、機内誌の下の方に広告が出ていた「ハードロックカフェサンアントニオ」だ。「ハードロックカフェ・サンアントニオ」だ。
 

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

『サンアントニオの夜(Night Life)』Vol.1

2623_20080216192206.jpg
このサンアントニオを有名にしたのが、映画でも有名な「アラモの砦」リバーウォークだ。
サンアントニオ川が街中心を囲むように入り込み、その水路の両側には遊歩道が設けられ色々な店が軒を連ねている。サンアントニオ川が街中心を囲むように入り込み、その水路の両側には遊歩道が設けられ色々な店が軒を連ねている地図(←クリックでMap表示されます) 
これが「アメリカのベニス」と言われる所以である。
アメリカ人が「死ぬまでに一度は訪れたい街」の一つとされるサンアントニオは本当に魅力的な街である。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

『サンフランシスコ空港』ハプニング!

無題_007

※デンバー空港のコロラドらしいショップ。
サンフランシスコ空港で次のデンバー行きまで時間があったので、バーに入ってのんびりビールなど飲み、そろそろ行こうかとデンバー行きのゲートに向かうと、モニターにデンバー行きの便名の横に「Cancelle」の文字が!!
エエっ!?キャンセル・・・

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。