スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドキャニオンと修学旅行

Gk31.jpg
急遽、「グランドキャニオン」経由でモニュメントバレー行くことになり、3度目の「絶景」訪問となった。前回訪れた時も冬で、今回も同様に寒かったが、雪は殆どなく「暖冬」だと言うことだった。この日は10時前に到着したのだが、驚いた光景に出くわした。それは・・・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

「Sedona(セドナ)」→「Phoenix(フェニックス)」へ

tophx
セドナからフェニックスへ帰る時はI-17号にのるのだが、そこまで約20分くらいはこのような景色の中を走る。ロック(岩山)にはそれぞれ名前がついており、スヌーピーロックやベルロック、など様々な名前がその形から付けられている。(↑はベルロック付近)

続きを読む

お待ちかね『The Museum Club 』in Flagstaff !!

muses
今回の旅の中では、実は一番の目的でもあったアリゾナ北部の中心の街フラッグスタッフ市にあるライブハウス&ダンスクラブ&カフェの『The Museum Club (ミューゼムクラブ)』へ行くことだった。
ここはアメリカの母なる道「R66」にある1931年からある全米でも有名な店である。


続きを読む

『Flagstaff(フラッグスタッフ)』へ

toflagstaf
      ↑遠く右側に見える山が来た時にも見えた「サンフランシスコ・ピークス」だ。
89号線を南へ一路フラッグスタッフへ向けて走る。この89号線沿いも荒野から森林まで楽しめて、結構退屈しないルートだ。キャメロンから右折してフラッグスタッフまでの途中は、街らしい場所がないので、ガソリンなどはキャメロンで入れるしかない。


続きを読む

テーマ : グランドキャニオン
ジャンル : 旅行

『Cameron(キャメロン)』吊り橋の街

cameron3

グランドキャニオンからセドナへ帰るルートは州道64号線で東へ行き、そして州道89号線と合流して南下するルートを取った。ちょうど合流する場所に「Cameron(キャメロン」という集落?がある。ここには89号線沿いに「鉄の吊り橋」がある。この橋は今は車で渡る事は出来ないが、渓谷を渡って歩く事は出来る。多分、現在の89号線になる前の「旧道」ではないかと?思われる。

続きを読む

テーマ : USA
ジャンル : 旅行

『グランドキャニオン2』~ネイティブアメリカン文化~

GKriver
この大渓谷を作った張本人がこの「コロラド川」だ。元は平らな大地だったグランドキャニオンは、コロラド川が気の遠くなるような年月、削り続けて作った渓谷だ。そしてこの周辺はアメリカの原住民である、ネイティブ・アメリカン(ネイティブ・インディアンとも言う)の神聖な土地でもある。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。