スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バーン・カニタ』Vol.2~ランチ~

CIMG4875.jpg
 そしてお待ちかね、『バーン・カニタ』のプーパッポンカリー(蟹カレー炒め)だ!
タイへ来ると必ず食べる料理で、蟹を卵とカレーで炒めたものだが、濃厚な蟹の味とカレーやココナッツミルク、そして香料が織りなすタイを代表する料理である。
 この店のプーパッポンカリーはあの名店「ソンブーン」(後日食べた)のと違い、やはりかなりマイルドだ。しかし、蟹の質は断然こちらの方が高い! 身のつまり方やジューシーさは比べものにはならなかった。「バーン・カニタ」は外国人が多くやはり味はマイルドにしてあるが、それでもしっかりとした味で、蟹の身がホロリっと取れてボリュームがあった。

CIMG4881.jpg
 店内はシャンデリアと絵画で高級感溢れる雰囲気で、テラス席は木々の緑と風が心地よい回廊式になっており、とっても雰囲気が良い。
車が着くと、まるでホテルのドアマンのようにスタッフが出迎えでくれて店内に案内してくれるところなどは、さすがバンコクでも1、2を争う高級タイ料理レストランだ。


CIMG4872.jpg
トイレのタオルもペーパーではなく、布製のタオルでこのように置き方にも工夫してある。


 前回来たときは同じく日本の東京・丸の内にも出店している、有名な高級レストラン「マンゴーツリー」に行ったが、格としては断然こちらの方が上である。
 「マンゴーツリー」はここ「バーン・カニタ」と同じく1軒屋レストランだが、雰囲気は同じ高級でも、肝心な味がイマイチであった。完全に観光客向けというか、何というか・・・料理の素材そのものも全く普通のレストランであった。
 それに比べ「バーン・カニタ」は付け合わせの野菜やフルーツのカービングにしても、蟹の質にしても全てにおいて満足出来るものであった。
 因みに料金は5人で料理とビールなどの飲み物合わせて1万円ちょっと。
 タイでは高額の方だが、この内容で考えれば、例えば日本で同じ物を注文したならば多分2~3倍はするのではないだろうか。

大切なお客さんや、何かの記念旅行などに来るのはピッタリの店である。



※↓↓参加しています ポチっとヨロシク!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 『バーン・カニタ』Vol.2~ランチ~

chocolate さん
はじめまして。
バーンカニタは素敵な雰囲気で、味もタイ初めての方にはちょうどだと思います。
 同じく有名なマンゴーツリーも同じような雰囲気の店ですが、自分としてはバーンカニタの方がお勧めです。

楽しんで来てください。

興味津々!Re: 『バーン・カニタ』Vol.2~ランチ~

はじめまして。

今度バンコクに行こうかと旅行計画中の身ですが、
このレストラン、何だか素敵ですね☆
噂の『プーパッポンカリー』は要チェックですね。

初めてのバンコクなので私はこのマイルド系のカレー
をまず試してみたいと思います。おいしそ~♪
最近の記事
プロフィール

keikei178

Author:keikei178
Well Come!!ようこそ!
一人旅を中心とした、「旅の記憶」です。タイ、アメリカ、オーストラリア(準備中)などを中心に「旅の記憶」を色々な観点から綴っていきます。

※「海外旅行ブログ」にも参加しています!!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村 トラコミュ 旅の記憶へ
旅の記憶

カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。